<% content.header -% >

若返りたい〜♪肌年齢その2

若返りを学ぶ為に知ること
若返りにストップをかけている原因には、いくつかの説がある
その中でも代表的と思われるものをお伝えします。


肌を年齢別に考えると、

比較的肌状態がおちついているといえるのは、20代と、60代以降だけと言います。

若さとハリがあるのは、やはり10代ですが、10代の肌は新陳代謝が活発過ぎで、二次性徴ホルモンの影響を受け、皮脂の産出も多く、思春期特有のニキビの悩みが起こりがちです。


肌状態が比較的落ち着いているとはいっても、20代から肌年齢は進行していきます。

目に付き始めれば、それらをシワやシミ、たるみ、などと言って肌の衰えを意識することになりますが、

具体的には皮膚の組織で以下のような衰えが始まっていきます。
・徐々にターンオーバーが遅れていく。
・死んでいる皮膚細胞が残るようになり、厚みが増していく。
・角質層が均一なきめではなく、でこぼこし出す。
・真皮の膠原繊維(コラーゲン)と弾力繊維(エラスチン)の
 弾力が低下し始める。
・皮脂産出の減少
posted by 若返り 裏!ワザ | 若返りの肌と目から全てへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。