<% content.header -% >

若返りのための適度な運動

9.適度な運動

適度な運動をすると基礎体力がついて免疫力を高めます。

ウォーキング、ジョギング、水泳(水の中を歩くだけのコースもあります)、ゲートボール、その他スポーツ、気孔、ヨガなど。

【注意】 運動の前には充分な準備運動をしましょう。高齢になってから始めるときは、一気にしないで、徐々に運動量を増やしていってください
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(1) | 若返りのための風邪予防って?

若返りウォーキングその2

若返りには、適度な運動が、大切なのは、
誰でもご存じかと思われます。

じゃ〜  どんなことを???
難しい事は^^スポーツジムへ通われてくださいねぇ

ここでは、どなたでも比較的簡単に導入出来る方法を
お知らせいたします。 

無理をされず休み休みで、長く続けてくださいねぇ

ウォーキング

血液に起因する病気の改善・予防
全身運動によって血液の循環を良くし血圧を安定させて、コレステロール値、中性脂肪値、血糖値の低下をもたらします。高血圧症、心臓病、糖尿病の改善・予防をします。

動脈硬化・心臓病を防ぐ
善玉HDLコレストールが増えるので動脈硬化や心筋梗塞の予防になります。

内臓機能の強化
細胞も活性化し内臓機能も強化されます。また内臓についた脂肪を減らすので、飲みすぎや偏った食生活による肝機能の低下を防いでくれます。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りのための風邪予防って?

若返りの春菊から

若返りメニュー薬膳料理のお伝えです。 

毎日の食事も漢方薬なのです。若返りを学ぶ大切なことは、
口に運ぶもの、体に吸収される食物を学ぶことです。

コレが一番手っ取り早い行動でしょ 先ずは、自分で若返りを 作ろう♪


1月の薬膳料理 〜 春菊 〜

11月から3月に旬を迎える春菊は冬の食卓には欠かせない野菜です。

春に菊に似た花を咲かせることから「春菊」と呼ばれており、関西では「菊菜【きくな】」と呼ばれています。

中国では「どう蒿【どうこう】」と呼ばれ、肝機能を増強し、腸内の老廃物質を排出する漢方薬として使われます。

「蒿【こう】」はよもぎのことです。『慎南本草』という漢方の本には、春菊は肝臓や腎臓の病気、便秘を治すと書かれています。


春菊は栄養がたっぷり

春菊にはビタミンB2、ビタミン、カルシウム、鉄分など多くの栄養素が含まれていますが、特にβカロチンが多く含まれていることは注目です。βカロチンはタンポポのような香りにあるものにたくさん含まれている物質で強い抗癌作用がありますが、この物質が含まれている野菜は少ないのです。

熱に弱い栄養素なので生食がよいでしょう。また、春菊には100gで1日に必要な量が摂取できるほど、ビタミンAが豊富に含まれています。

ビタミンAは夜盲症や視力低下を防ぐのに欠かせない栄養素です。ビタミンAは春菊に含まれるカロチンが体内で変換されて作られますが、

脂溶性物質なので水に溶けにくい性質があります。ビタミンAを効率的に摂取するのにゴマなど脂質の高い物と一緒にとることをお勧めします。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りのための風邪予防って?

若返りプラセンタ注射の効果と特徴

若返り・・・・時には芸能人なみにプチ整形を
考えている あなたへ 

こう考えよう 人生で若返りは永遠の宝なんだって

若い時代は、もっと若い頃を考えて  憧れていただろうと・・・
でも〜健康が最高の宝♪
90歳の足取りの軽やかさにお会いできたら惚れ惚れします。コレコソ裏技!

プラセンタ注射の効果と特徴期待される効果
・疲労回復、体質改善
・肝臓の機能改善
・更年期障害の改善
・アレルギー体質の改善
・胃潰瘍、十二指腸潰瘍の改善
・肌質の改善
これらの作用は、プラセンタに存在する様々な生理活性物質が関与していると言われています。各種ビタミン、アミノ酸などと組み合わせて注射や点滴を行っているクリニックもあるようです。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りのための風邪予防って?

若返りプラセンタ注射

若返り・・・・時には芸能人なみにプチ整形を
考えている あなたへ 

こう考えよう 人生で若返りは永遠の宝なんだって

若い時代は、もっと若い頃を考えて  憧れていただろうと・・・
でも〜健康が最高の宝♪
90歳の足取りの軽やかさにお会いできたら惚れ惚れします。コレコソ裏技!

プラセンタ注射

プラセンタとは、胎児の成長に必要不可欠な胎盤抽出液のことです 。

人の胎盤には、5000種類にも及ぶ生理活性物質や酵素エキスが蓄えられています。
プラセンタ療法は長い歴史があり、昔から体質改善、肝機能の改善、
疲労回復、更年期障害の治療などに利用されてきましたが、肌がきれいになる、若返るというような効果にも自然と注目が集まっていきました。

アレルギー性皮膚炎や、シミ、そばかす、
小ジワなどの改善に効果があるとされています
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りのための風邪予防って?

若返りのネギ料理から

若返りメニュー薬膳料理のお伝えです。 

毎日の食事も漢方薬なのです。若返りを学ぶ大切なことは、
口に運ぶもの、体に吸収される食物を学ぶことです。

コレが一番手っ取り早い行動でしょ 先ずは、自分で若返りを 作ろう♪



ねぎと鶏肉の炒め物
材 料(4人分):
白ネギ4本、鶏肉200g、むきくるみ50g(あれば使う)、
漬け汁A(しょうゆ・酒各大さじ1 みりん大さじ1/2) 片栗粉大さじ1

作り方:

白ネギを3cmくらい、鶏肉を一口大に切る。むきくるみは適当な大きさに砕く。
鶏肉をAに10分ほど漬ける。
フライパンに油を引き、白ネギが柔らかくなるまで炒める。
フライパンに鶏肉と漬け汁を一緒に入れて炒め、しっかりと火を通す。
むきくるみを混ぜる。
同量の水で溶いた片栗粉を流し入れ、とろみをつける。



その他の料理 白ネギ5〜6センチのものを使用

白ネギの酢の物・・・白ネギは千切り、きゅうり、人参、わかめ、しらす干し(あれば使う)を酢3に対して砂糖2の割合で和える。

白ネギのサラダ・・・酢の物と同じ材料を和風ドレッシングで。

白ネギの串焼き・・・白ネギを三つ串に刺して焼く焼き上がりに味噌をぬる。

その他・・・鍋はもちろんのこと、白ネギは丼物やフライなど、何にでも使えます。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りのための風邪予防って?

若返り、ヒアルロン酸って?

若返りたい!

誰もが強くまた、せつなく心に感じています。
食欲はあるのに・・・・体力的若さや体型は勝手に変化している
そう
感じていませんか?何かにチャレンジしましょ サプリメントでもいい
でもねぇ
自然のフルーツや野菜等の食物から摂取出来るのが、最高の方法です♪

ヒアルロン酸って?

ヒアルロン酸の1日の摂取量の目安は20〜40代で、1日250mg〜400mg、40代より以降は400mg以上とされています。

食べ物から摂取できますが、ヒアルロン酸は身近な食品だと、魚の目玉やニワトリのトサカ、海草のぬめっている部分や豚の足、さめの軟骨、中華によくあるフカヒレなど、普段の食卓ではなかなか食べることのない食品に含まれており、日常的に摂取することは困難です。

最近では乳酸菌や連鎖球菌により大量生産されるようになっている。

関節炎や角結膜上皮障害の治療薬として利用されているほか、

化粧品などに保湿成分として添加される。健康食品に配合されることもある。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りのための風邪予防って?

若返りのために禁煙

10.禁煙

タバコは免疫力を強化するビタミンCを大量に破壊します。

風邪を引きやすい人には禁煙をお薦めいたします。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りのための風邪予防って?

バランスの良い食事

8.バランスの良い食事

1日30品目をとると大体バランスの良い食事をすることができます。

風邪の予防としては、普段から鼻やのどの粘膜を強くするビタミンAや免疫力を強化するビタミンC、また免疫物質を作るタンパク質を含んだ食事を取るようにして下さい。

外で働いているとつい外食が多くなりますが、野菜が不足がちになって繊維質やビタミン、ミネラルを充分に取ることができませんので、野菜を含んだメニューにするように心がけましょう。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りのための風邪予防って?

若返りのための厚着をしない

7.厚着をしない 厚着をすると肌の新陳代謝が悪くなり、抵抗力が弱くなります。


なるべく薄着にして皮膚や粘膜を鍛えると風邪を引かなくなります。


最近は冷暖房で室内と室外の温度差がありますので、羽織るものを1枚持っていって、こまめに調節するとよいでしょう。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りのための風邪予防って?

若返りのためのうがいの励行

2.うがいの励行
水やお茶を喉(のど)の奥に溜めてから『ガラガラ』と声を出して

3回程うがいをしましょう。

うがいをすると口の中や喉の細菌の数が減ります。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りのための風邪予防って?

若返り風邪対策でりんごジュース

若返りのための風邪対策とは、薬に頼らず健康でありたいが基本です。


りんごジュース


りんごをすりおろし、ガーゼで搾って飲む。
成分のペクチンが整腸作用があり、下痢にも便秘にもよい。

水分補給にもなる。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りのための風邪予防って?

若返りたい〜♪肌年齢と紫外線2

若返りを学ぶ為に知ること
若返りにストップをかけている原因には、いくつかの説がある
その中でも代表的と思われるものをお伝えします。

肌年齢と紫外線2

よく耳にする「肌のターンオーバー」、何が起こっているのでしょうか・・・

「基底層」と呼ばれるところで皮膚細胞ができます。
それがどんどん表面に上がっていって「角質層」にたどり着きます。

基底層から角質層にたどり着くまでに2週間
角質層から垢として剥がれ落ちるまで2週間
このあわせて4週間のサイクルを「肌のターンオーバー」というのです。


加齢と共に、この1度のサイクルが長くなります。
これが角質層の乱れを引き起こします。

さらにメラニン色素も皮膚に残りやすくなり、
これがシミやくすみの原因となるのです。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りのための風邪予防って?

若返りのための冷水摩擦

5.冷水摩擦

冷水につけたタオルをしぼって体をこすります。

乾布摩擦と同様な効果があります。

【注意】血圧の高い方や高齢になってから始める方にはおすすめできません。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りのための風邪予防って?

若返りのために乾布摩擦

4.乾布摩擦

乾いた布で皮膚を摩擦すると、皮膚を刺激し皮膚の体温調節機能が強められて皮膚の血行がよくなります。

体の代謝機能が活発となり、免疫効果を高め風邪をひきにくくします。

乾布摩擦をするときに肌を外気にさらしますので、寒さに強くなります。

【注意】高齢者の方や血圧の高い方は無理をしないようにして下さい。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りのための風邪予防って?

若返りに菜の花料理

若返りメニュー薬膳料理のお伝えです。 

毎日の食事も漢方薬なのです。若返りを学ぶ大切なことは、
口に運ぶもの、体に吸収される食物を学ぶことです。

コレが一番手っ取り早い行動でしょ 先ずは、自分で若返りを 作ろう♪



薬膳料理を作ってみましょう! 和え物2種類 2人分
菜の花のピーナッツあえ  (1食あたり2.0mgの鉄分を含む)
材料
菜の花 150g、ピーナッツ(きざんだもの) 大さじ3(25g)
(A)砂糖 大さじ1/2、だし 大さじ1/2、醤油 大さじ1/2

作り方
菜の花は、かたい茎を2〜3cm切り落とし、ゆでて水気をしぼり、ざるの上で冷まします。3〜4cmの長さに切ります。
(A)を混ぜてピーナッツを合わせ、1をあえます。


菜の花のごまあえ  (1食あたり4.1gの食物繊維を含む)
材料
菜の花 150g、醤油 小さじ1/2、いりごま(白) 大さじ4(A)砂糖 大さじ1/2、だし 大さじ2、醤油 小さじ2

作り方
同上
ごまはすり鉢ですり、(A)と合わせます。
1に醤油小さじ1/2をかけて汁気をしぼり、2であえます。  
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りのための風邪予防って?

若返りのためにマスクをする

3.マスクをする

風邪のウイルスは咳やくしゃみとともに飛び散って感染します。

完全にウイルスをシャットアウトすることはできませんが、
風邪が流行っているときはマスクが効果的です。

インフルエンザなど流行っている時は、乳幼児や体力の弱っている人は人ごみの多い場所へ外出するのは極力避けるようにしましょう。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りのための風邪予防って?

若返りのための入浴法

6.入浴法 

温水と冷水 42〜43℃位の熱めのお湯に3分位つかります。

次は浴槽から出て、20度の冷たいシャワーをあびます。

これを4〜5回くりかえします。

冷水は心臓に遠いところから掛けてください。

いきなり胸・心臓にかけることは決してしないでください。

これは痩せる方法でもあります。

冷水シャワーは手足にかけるだけでも効果があります。

また、湯上りに冷たいシャワーをあびることも効果があります。

あまり無理せずにお試しください。

温泉場や公衆浴場では温水や冷水の浴槽に交互に入るようになっている所がありますが、これも大変健康に良いです。

熱いお湯につかって皮膚血管が拡張している時に、冷水をかけると急にその血管が収縮されます。これを長く続けますと、皮膚の寒さに対する抵抗力を増やし、皮膚が鍛えられます。

【注意】血圧の高い方や心臓の弱い方、お年寄りには、この入浴方法は危険ですのでおすすめできません。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りのための風邪予防って?

若返りのための風邪の予防

風邪の予防は、

ウイルスに感染しないこと。

基礎体力を強化し免疫力をつけることです。

基本となるのは、規則正しい生活をし、バランスの取れた食生活、

充分な睡眠、適度な運動をして、疲労をためないことです。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りのための風邪予防って?

若返りのための手洗いの習慣

1.手洗いの習慣
手には意外と細菌がついています。

外出から帰ったらすぐに、石鹸をあわ立て、指の間もしっかり洗いましょう。

30秒間、水だけで洗っても細菌が80%減ると言われています

風邪は手についたウイルスが、鼻や口を通って体の中に入って
感染することが多い。

風邪が流行っている時はいつもより丁寧に洗いましょう。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りのための風邪予防って?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。