<% content.header -% >

若返りを学ぶ1

若返りを学ぶ為に知ること1
若返りにストップをかけている原因いくつかの説がある
その中でも代表的と思われるいくつかを紹介します。

@ホルモン
ヒト成長ホルモン (HGH)とインシュリン様成長因子-1(IGF-1)のレベルは30歳を過ぎると

急激に下降し、さまざまな身体の変化を引き起こすといわれているようです。

つまり裏を返せばHGHとIGF-1のレベルを若い状態に 保つことが 出来れば
若返ることが出来ると考えられます。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りの肌と目から全てへ

若返りを学ぶ2、ホルモンとは

若返りを学ぶ為に知ること
若返りにストップをかけている原因には、いくつかの説がある
その中でも代表的と思われるものをお伝えします。


ホルモンとは
ホルモンとは、 脳の視床下部、甲状腺、卵巣、睾丸等で作られる体の機能を調整している生理活性物質です。

微量ですが、様々な身体活動に大きな影響を与えています。


成長ホルモン
成長に大きく関わるホルモンとしてヒト成長ホルモン (HGH)が注目されています。
成長ホルモンという名前は、成長期まで比較的多く分泌されその後急速に減少することから付けられたようです。
多くのホルモンの働きに影響するホルモンの中心のような存在です。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りの肌と目から全てへ

若返りを学ぶ3、性ホルモン

若返りを学ぶ為に知ること
若返りにストップをかけている原因には、いくつかの説がある
その中でも代表的と思われるものをお伝えします。

性ホルモン
男性ホルモンや女性ホルモンは、
男性や女性の特徴を作り出す作用を持つホルモンです。

男性ホルモンとしてはテストステロン、女性ホルモンとしてはエストロゲン、プロゲステロン等があります。

体毛の硬毛化、薄毛や多毛症、ニキビ、生殖器や乳房の発達、筋肉の発育などに関わっています。
特に更年期と呼ばれる時期には、性ホルモンの減少が影響しています。


ホルモンと若返りの深い仲
一部のホルモンは若返りを衰退させると言われますが、

殆どのホルモンは身体機能を改善し若返りの作用を持っているといいます。

実際にホルモンの量と身体機能の低下には関連性が多く、身体組織の低下や加齢に伴う疾患の発生がホルモンの分泌低下に影響されていると
言われています。

しかし、闇雲にホルモンの量を増やせば良いと言うわけではないようです。

人間何事にもバランスが大切です。健康も絶妙な自然のバランスの上に成り立っていることを忘れてはいけないでしょう。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りの肌と目から全てへ

若返りを学ぶ4、活性酸素

若返りを学ぶ4、活性酸素

若返りを学ぶ為に知ること

若返りにストップをかけている原因には、いくつかの説がある
その中でも代表的と思われるものをお伝えします。

活性酸素テレビや本、
サプリメントの謳い文句で、ご存知の『活性酸素』。

活性酸素は、文字通り酸素が活性化した状態で、
化学的な反応を起こしやすい物質です。

活性酸素は
人体の中に存在し細菌やウイルスなどを攻撃する役目を
果たしていると考えられています。

しかし、
活性酸素が過剰になると細胞や組織まで攻撃してしまい、病気や若返りを衰退させる原因になると言われているのです。

この活性酸素を中和するものを

抗酸化物質といい、ビタミンCやEが良く知られています。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りの肌と目から全てへ

若返り、眼精疲労を回復するには

若返り、眼精疲労を回復するには

パソコンやワープロのディスプレイは目線の下に来るようにする。
まぶたが眼球にかぶさり、乾燥を軽減できます。
目の緊張も少しはほぐれます。

部屋の明るさに合わせて画面の明るさを調節します。

市販されているディスプレイ用のフィルターを
使用するのもよいでしょう。
眼精疲労

を回復するには
長時間に及ぶ作業をする人は、必ず1時間に5〜10分は休憩を取り、

肩や首をほぐすような軽い体操をする。
ツボマッサージ

目の周りにはたくさんのツボがあるので
詳しい場所が分からなくてもOKです。

眉毛の上に沿って、鼻の付け根、目の下の骨、

こめかみを順に指の腹で心地よい強さで押す。
少し押すだけでかなりスッキリします。

但し直接眼球を押さないようにして下さい。
蒸しタオルを目の上に乗せるのも効果的です。(5分程度)
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りの肌と目から全てへ

今 話題の 情報

 ぜひ

お試し ください。






タグ:話題 情報
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りの肌と目から全てへ

若返り生活習慣を見直し

生活習慣を見直す

視力が落ちたり、眼の病気にかかるのは、主に生活習慣と老化が原因です。

老人性の眼病も日々の生活を注意すれば、発病を遅らすことができます。
食生活、姿勢、眼を使う環境など見直してみてはいかがでしょうか。



オフィスで働く方は・・・
パソコンやワープロなど長時間のデスクワークの後など、目がチカチカしたり焦点を合わせにくくなったりします。


目の充血や頭痛・肩こり、吐き気といった症状もあります。

これらは「眼精疲労」や「VDT症候群」と呼ばれ、

OA機器が普及するにつれて多くの方に症状が現れるようになりました。


通常は1分間に約10回のまばたきをして涙の膜を作り、目を保護していますが、画面に集中するとまばたきは1分間に2〜3回に減ります。

しかもエアコンの効いた部屋では空気も乾燥しているので目の乾燥も起こります。これがいわゆる涙不足の「ドライアイ」です。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りの肌と目から全てへ

若返りたい〜♪肌年齢その1

若返りを学ぶ為に知ること
若返りにストップをかけている原因には、いくつかの説がある
その中でも代表的と思われるものをお伝えします。



肌の肌年齢
若返りを衰退させてるのを何で判断するかは難しいところですが、

『老けている』、『老けていない』という話しをする時には

やはり見た目の若さによるところが大きいでしょう。

つまり若く見られるためには肌年齢が重要ということになります。


肌も他の器官と同じようにホルモンの影響などを受けて衰退するので
年齢は肌に現れやすいのですが、他の器官よりも外部からの直接的な影響を受けやすいので

(紫外線やホコリ、化学物質など)環境や

個人差が出やすい部分ともいえます。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りの肌と目から全てへ

若返りたい〜♪肌年齢と紫外線3

若返りを学ぶ為に知ること
若返りにストップをかけている原因には、いくつかの説がある
その中でも代表的と思われるものをお伝えします。

肌年齢と紫外線3

紫外線を受けた肌の衰えは、20歳を過ぎる頃からすでに見え始めます。

お肌の新陳代謝(ターンオーバー)が低下しやすくなり、皮膚内部では、
メラノサイトが増え、免疫情報の伝達を担うランゲルハンス細胞の減少が
起こると言われます。

また真皮の弾力繊維(コラーゲン)と結合繊維(エラスチン)の配列が
荒らされて、肌の張りの衰えにも影響を及ぼすようです。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りの肌と目から全てへ

若返り応援”メタボリックシンドローム”サイト

若返りを医学から学ぶサイトです。

1回は、覗くと 健康に詳しくなれます。

血糖値や血圧がやや高く、お腹が出てきた人のことをいいます。メタボリック・シンドロームは、動脈硬化の危険因子で
「肥満」、「高血圧」、「高血糖」、「高脂血症」を
重複して発症していることが多いです。
心筋梗塞や脳梗塞を呼び込みやすいです。

      ↓↓↓↓↓↓↓↓
メタボリックシンド
ローム



の紹介です。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りの肌と目から全てへ

若返りを学ぶ5、活性酸素その2

若返りを学ぶ為に知ること
若返りにストップをかけている原因には、いくつかの説がある
その中でも代表的と思われるものをお伝えします。

活性酸素と若返りの関係活性酸素がに若返りを衰退させるという関係説は、動脈硬化やアルツハイマー病、癌の発生などに関わっているというものなどいろいろなものがあります。

遺伝子自体を傷つけて変異させてしまうという学説もあります。

大気汚染や紫外線量の増加、ストレス、喫煙の習慣などが生活習慣病の要因となる説明にも活性酸素が登場してきます。

しかし、
一方で活性酸素が若返りを衰退させるのは無関係とする報告も
あるので、どこまで根拠の確立した議論なのかは不明です。

一般的な情報または、医療関係者の言葉で、より多くの説を
正しいと考えているのが事実全てです。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りの肌と目から全てへ

若返りたい〜♪肌年齢その2

若返りを学ぶ為に知ること
若返りにストップをかけている原因には、いくつかの説がある
その中でも代表的と思われるものをお伝えします。


肌を年齢別に考えると、

比較的肌状態がおちついているといえるのは、20代と、60代以降だけと言います。

若さとハリがあるのは、やはり10代ですが、10代の肌は新陳代謝が活発過ぎで、二次性徴ホルモンの影響を受け、皮脂の産出も多く、思春期特有のニキビの悩みが起こりがちです。


肌状態が比較的落ち着いているとはいっても、20代から肌年齢は進行していきます。

目に付き始めれば、それらをシワやシミ、たるみ、などと言って肌の衰えを意識することになりますが、

具体的には皮膚の組織で以下のような衰えが始まっていきます。
・徐々にターンオーバーが遅れていく。
・死んでいる皮膚細胞が残るようになり、厚みが増していく。
・角質層が均一なきめではなく、でこぼこし出す。
・真皮の膠原繊維(コラーゲン)と弾力繊維(エラスチン)の
 弾力が低下し始める。
・皮脂産出の減少
posted by 若返り 裏!ワザ | 若返りの肌と目から全てへ

若返りたい〜♪肌年齢と紫外線1

若返りを学ぶ為に知ること
若返りにストップをかけている原因には、いくつかの説がある
その中でも代表的と思われるものをお伝えします。



若返り肌年齢と紫外線
一般に注目度の高い肌の若返りの邪魔をするものってなんでしょうか?
メカニズムを紹介します。

皮膚の場合は、肌年齢や紫外線による若返り衰退が存在します。

一年中降り注いでいる紫外線がコラーゲン繊維を壊してしまうのです。

最近では肌は加齢よりも紫外線の要因が強いといわれてきているようです。
一年を通して紫外線対策は欠かせません。
posted by 若返り 裏!ワザ | TrackBack(0) | 若返りの肌と目から全てへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。